Happy Modeling 日記

『模型を楽しく製作する』をコンセプトに、ささやかな日々の幸せを綴っていきます。肩の力を抜いて、のんびりお楽しみください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

気仙沼へ ボランティア活動報告2

こんばんは

気仙沼から帰ってきて数日経ち、ようやく体の疲れもとれてきました



4/30(土)の昼に活動場所であるはまセンに到着

テントを設営した後、いよいよお仕事開始です


この日は厨房の人手が足りてなかったようなので、MAEさんと共にエプロン姿で現地の方々と炊き出しのお手伝い

避難されている方々・ボランティアの分をまとめて調理するのですが、夕食は「豚肉のトマト煮の丼」120名分でした

米とぎから始まり、後は肉と野菜をひたすら炒め続けました

調理経験がなく心配していたMAEさんですが、すぐに他の方々と打ち解け一緒に作業されているのを見てMAEさんの人柄だろうな~と感心しちゃいました


夕方に盛り付け開始してから片付けまでは慌しくあっという間に過ぎていきました

活動1日目はこうして忙しく過ぎていきましたが、現地の方々から「助かったよ」という言葉をいただきお役に立てたことを嬉しく思いました



明けて5/1(日)

6時に起きて腹ごしらえ
HI3B0043s.jpg
はるかさん&mineさんからのメッセージ付き元気はつらつとレオさんにいただいた食料をいただきました
ありがとうございました!

そしてまずは厨房へ

朝食はパン・おにぎりなので特に準備は必要なく、人手も足りそうとのこと
そこでこの日はガレキ撤去に回ることにしました


多くのボランティアさんはガレキ撤去ならそれのみ従事というかたちですが、炊き出しを昨日したので食事の時間はそれのお手伝い等をしてフレキシブルに動いていました

やることは多少増えますが、自分達にやれるだけのことはやろうと決めていたので本望です


ガレキ撤去は散乱した木材・鉄片・レンガなどを種類ごとに分けて運び出すものでしたが、これがかなりの重労働でこたえました

実際に作業にあたると、泥にまみれて服や本などいろいろなものが出てきて、被害の壮絶さを身をもって感じました

お昼はカップラーメンをいただき、午後の作業へ


午後は今朝磯という地区で作業
DSC07385s.jpg
左に見えるテントは設営されたお風呂

DSC07405s_20110506232439.jpg

DSC07409s_20110506232437.jpg
中はこのようになっていて、多くは入れないので連休中は現地の方々や女性優先での使用になっていました


今朝磯は倒壊した家屋もあり、大量の杭や柱等も片付ける作業だったので午前よりもかなりハードな作業でした

ただ、現場の方々誰もが、しんどいながらも当然ですが一生懸命
作業が終わる夕方にはかなり片付いたので、マンパワーのすごさを思い知りました


夕食は業者さんの炊き出しがあり有難く頂戴しました
HI3B0042001s.jpg
本当においしかったです



この夜、車で15分ほどのところの体育館にあるお風呂を使用できるとのこと

自衛隊の方々が設営してくれた「友の湯」というお風呂を利用させていただきました


入れ替えで順番に入るかたちで10分ほどの入浴でしたがとても気持ちよかったです

隊員さんに少し話を聞くと、福岡から来られたとのことでした
一画にテントが並んで設営されていたので、そちらでずっと野営されているのではと思います

震災以降数日しか家に帰ってないということでしたが、笑顔で「これが仕事ですから」と応えていた姿が印象的でした



はまセンに帰ってテントに入りましたが雨模様で風も強く、雨漏りするテントがかなり不安でした
22時頃には明かりを消しましたが、風が強くなるいっぽうでテントがあおられ飛ばされそうな勢い

風でしなって揺らぐテントの中で明け方を迎えましたが、MAEさんも全く眠れなかったとのこと

朝になりあたりを見るとポールが折れたりしてまわりのテントはかなり潰れていたりしました
暴風警報は出ていたのですが、瞬間風速25mという想定外の強風だったそうです


早々にテントをたたみ、朝食はわかめごはん&缶詰をいただきました

この日もガレキ撤去に従事
帰途に着くため作業は午前で終わりです

依然風邪が強く、埃が激しくトタンが舞ったり危ない状況でした
ただ100名以上のボランティアの方が集まっていたので、作業後はかなり片付きました


昼食後、ボランティアセンター代表の川上さんと少し話をし、まだここ以外にも手付かずの地区があること・これからも継続した活動が必要だということを聞きました


最後にお世話になった厨房の方やボランティアの方々に挨拶し、帰らなければいけない歯痒さ・淋しさを感じながらはまセンを後に

こうしてあっという間にはまセンでの活動日は過ぎていきました



いざ現地でボランティア活動しようと思っても、なかなか確実な情報が手に入らず焦る気持もありましたが、こうしてMAEさんと無事活動を終えることができました

限られた時間ではありましたが、自分の手で出来ることをやれるだけやれたのかなと思っています

甚大な被害で、復興まではどれだけの時間がかかるのか計り知りません

それでも、何もしないでいるよりは、ほんの僅かでも被災地の役に立てることがあればこれからも続けていきたいと思っています


時々「何でボランティアやるの?」と聞かれることがあります

理由はありません そうしたいと思ったから ただそれだけです



現地でお世話になったbossさん&弟さん・かながわさん
協力してくれた東海メンバー・コジマ大隊長・はるかさん・mineさん

本当にありがとうございました!


未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<気仙沼へ bossさんとかながわさん | HOME | 気仙沼へ ボランティア活動報告>>

この記事のコメント

自分の様にサバイバルやキャンプ経験もない脆弱な人間は、
気持ちはあっても行動に移すのに躊躇する情けない思いで一杯です。
中部・西日本でもさのすけ様のような方々が沢山いらっしゃることは、
心強く、また大変素晴らしいことだと讃えることしかできない自分を恥じる次第です。

僕ら東京の人間も、余震や電気不足。放射能と大騒ぎしていないで、
もっと大変な方々のことを思わなければなりませんね。

久々にコメントさせて頂きましたが、胸を打たれましたので僭越ながら。
本当お疲れ様でしたm(__)m
2011-05-09 Mon 12:45 | URL | Toshiki #kLCZl7R6[ 編集]
 こんにちは。
ボランティアお疲れ様でした。
さのすけさんもMAEさんも、復興に向けて頑張ってる人
みんなかっこいいよ!!
かながわさんへの託し物無事届けていただきありがとうございました。
メールにも書きましたが、電話でかながわさんと話が出来て
感動してしまいました。「泣いちゃいかん」と言われた(笑)
さのすけさんとMAEさんのおかげです!

あぁぁ、私のヘタっぴな字が公で公開されてる~(笑)
朝から元気はつらつ~!に貢献できて喜んでます!

今は穏やかな海と手前の崩壊してる家の画像が心に突き刺さりました。
本当はこんなに綺麗な海なのにね・・・・。
2011-05-09 Mon 14:44 | URL | はるか #5i7GZkN2[ 編集]
>Toshikiさん
ご無沙汰しており申し訳ありません
コメントありがとうございます
第一に被災者の方々の迷惑になることだけは避けなければと考えてもいたので、実行まで時間がかかりましたがなんとか問題もなく終えることができました
活動するときはやることの大小は考えず、自分のやれることをやるようにしています
震災を忘れないことが簡単なようでとても大事なのかもしれませんね


>はるかさん
今回はファイト一発でかなり元気をいただきました
かながわさんもめちゃ喜んでいましたし、ほんとはるかさん&mineさんに感謝感謝です
かなり距離があるので、自分一人では実行まではできなかったと思っています
相棒のMAE兄貴や協力してくれた方々のおかげですね
まだまだ復興までには時間がかかると思いますが、かながわさん・bossさんはじめ現地の方々の力になれることをこれからも考えて続けていきたいと思います!
2011-05-13 Fri 00:08 | URL | さのすけ #VRNId50o[ 編集]
突然割りこみまして、失礼致します。
はるかさんのリンクから、来ました。

私ごときが言うべきではないのかもしれませんが、
ありがとうございました。
見知らぬ土地で手探りな状態でしたのに、
こんなにもお手伝いいただけただけで、
とっても嬉しいです。

当時、『かながわさん行方不明事件(汗)』のさいに、なんとか探そうとしていたときに
さのすけさんのお名前が何度も出ていたので(私の中でですね)、きっとさのすけさんには、かながわさんから連絡が入るはずと信じておりました。

気仙沼は壊滅状態でそこまで行ける手段がなく、
最終的に歩いて行くかどうか迷った時期でしたwww
無謀ですけど。


話はそれてしまいましたが、
いまだに大変な状況の気仙沼市ですが、全国からたくさんの方がおいでになったとTVで拝見し、土地の方々の気持ちが少しでも楽になればと願っています。
これからも長い期間の復興作業になりますが、
東北人は負けないです。
だって、東北が、大好きだから!

と・・・偉そうなことをいってしまいましたが、
ボランティアお疲れさまでした。
そして本当にありがとうございました。

またご縁がありましたら、復興後の綺麗な気仙沼を堪能してください。

   るみなす by FUKUSHIMA
2011-05-13 Fri 16:40 | URL | るみなすみらーじゅ #ygQuvdSk[ 編集]
>るみなすみらーじゅさん
コメントいただきありがとうございます
連絡がとれない間、被災地の映像を見るたび心配でたまりませんでした
かながわさん・bossさんが無事との報せを受け、声を聞いたときはたまらないものがありました
被災地まで距離があるといっても、何もしないよりは少しでもお役に立てればとMAEさんと気仙沼に向かいました
こんな自分でも喜んでくれる人がいるなら、これからもできることを続けていきたいと思っています

福島もとても大変な状況かと思います
元気な東北が戻るようこれからも応援していきますね
2011-05-13 Fri 22:59 | URL | さのすけ #VRNId50o[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。